Housing

外壁塗装をしている業者の選び方を貴方に伝授

見た目と耐久性を維持

湿気による汚れを防止

ペンキ

仙台では一年を通じて湿度が高めとなっている上に、冬から春にかけては湿り気の多い雪が降ります。そのことから仙台の建物の外壁には、湿気によるくすみが生じやすいと言えます。空気中の塵や埃などの汚れが、湿気によって外壁に付着しますし、なおかつそこにカビやコケが根を張るのです。これにより外壁の見た目は悪くなる上に、根が入り込むことで耐久性も落ちていきます。すると建物を快適に安全に利用できなくなるので、仙台では防止策としての外壁塗装が多くの建物で行われています。人間は肌を衣服で覆うことで守っていますが、それと同じように外壁も、外壁塗装をすれば塗膜で守られるようになります。具体的には、湿気も塵も埃も塗膜に付着するので、その下の外壁には届かなくなるのです。しかも塗膜は表面がツルツルとしているので、たとえ汚れが付着しても雨水などですぐに洗い流されます。そのため外壁塗装後は、建物の見た目の美しさが維持されることになります。ただし塗膜は日光などの影響で徐々に薄くなっていくので、それにより外壁は再び湿気の影響を受けやすくなります。そのため仙台では、その都度上から新しい塗料が塗られています。これを繰り返していれば、外壁を湿気から半永久的に守り続けることも可能となるのです。また近年では、光触媒塗料による外壁塗装も行われるようになっていて、この場合は日光はむしろ味方となります。光触媒塗料の塗膜は、日光を浴びるたびに汚れを分解します。そのためこれを塗っておけば、20〜30年ほどは塗り替えをせずに、美しく頑丈な外壁を維持できるようになります。

塗料の種類を知ろう

作業員

仙台エリアにお住いの方で、自宅の外壁塗装が剥がれてきた、変色してきたと悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。そんな方の多くは外壁塗装の塗り替えを検討しますが、何も知識を持たないまま業者に依頼してしまうと無駄な費用も支払ってしまう可能性があります。外壁塗装を依頼する前に、まずは塗料に関して知識を身に付けておきましょう。例えば、最も人気の高い塗料ではシリコン塗料があります。シリコン塗料は光沢のある仕上がりで、塗り替えサイクルが10年と長持ちする事でも人気を集めています。トータルコストでは100万円前後が一般的となっています。もっと安く仕上げたい、何度も外壁塗装を依頼したいと言う方はウレタン塗料がお勧めです。ウレタン塗料のトータルコストは70万円前後と安く、塗り替えサイクルは6年から7年程となっています。紫外線や雨による汚れは目立ってくるので注意しておきましょう。そして、仙台にある外壁塗装業者の相場も同時にチェックしておきましょう。仙台では多くの業者を探す事が出来ますが、相場として100万円前後が一般的です。仙台にある業者に依頼する時、相場価格よりもかなり高い見積もりの場合は再度検討される事をお勧めします。良い外壁塗装業者を見極めるコツとして、挨拶や対応がしっかりしている、見積もりが細かく作られている、塗装工程を説明してくれるなどがあります。インターネットだけを利用して探すと、業者の情報が曖昧のまま依頼されるケースも多いので、必ず対応や内容をチェックしておきましょう。

体に優しい塗料です

家

室内は定期的に掃除するのに外壁や屋根はなかなか掃除する機会がありません。外壁は経年変化と共にさまざまな症状が現れます。雨風にさらされることで苔が生えたり、錆が生じていきます。強い日差しや紫外線の影響からサイディングが反りかえったり、チョーキングと呼ばれる白い粉が発生します。これらの状態が長時間続くことで外壁にヒビが入ったり雨漏りの原因に繋がります。こんな時には仙台にある外壁塗装業者へ相談してみましょう。仙台の住まいは日照環境や降水量など、自然環境で傷み方が異なっていきます。まずは高圧洗浄を行い、外壁の傷み方を検証します。サイディングの繋ぎ目のコーキングが傷んでいる場合にはコーキング材で補修した後、外壁塗装を行っていきます。外壁塗装は、表面の美しさを保つ顔料や表面の塗膜を長時間保護するさまざまな種類の塗料があります。依頼者と相談しながら作業してくれ、価格相場がわかりやすい仙台の外壁塗装業者を選択するとよいでしょう。外壁塗料は耐久年数によってさまざまな種類の塗料があります。一般的に良く使用されるシリコン系塗料は10年前後の耐久年数を維持できます。ラジカル系塗料やフッ素系塗料は費用は割高ですが、耐久性が15年から20年ほどに維持でき、中長期に見るとメンテナンスの手間が少なくなります。これらの塗料には耐熱、不燃性のものもあり、万が一の火災時の延焼を防いでくれます。臭いも少なく喘息持ちの人や幼い子供がいても体に影響を与える事がありません。仙台で環境に優しい塗料で外壁塗装してみましょう。