Housing

外壁塗装をしている業者の選び方を貴方に伝授

安全に素早い作業を行う

難しい作業は業者にお任せ

積み木と刷毛

大切な家を長く持たせるためには、仙台でも外壁塗装を定期的に行うことが必要になります。しかし、外壁塗装を行われている専門の業者に依頼しても、高額な費用がかかるためDIYで済ませようと考える方もいるのは確かです。DIYによる外壁塗装を行う際には、いくつかのポイントや注意点があります。まずは、仙台で外壁塗装をするときには、高い場所での作業を必要とする際、足場は絶対条件です。足場となる脚立やはしごは、ホームセンタなどで購入することができますが、高所となる1階の上部分や2階建て、3階建ての外壁塗装を行うのであれば、安全に作業できる足場をレンタルするなどして入手しましょう。高所から落下して怪我をしないために、安全の足場を設置することが何よりの安全対策なのです。外壁塗装は塗り直しの作業になりますが、下地の処理を丁寧にするかしないかで、仕上がりや耐久年数に違いが生じます。下地の作業で重要なのが洗浄で、汚れやホコリ、カビ、コケなど綺麗に洗い落とすことが大切です。現在では家庭用の高圧洗浄機も低価格で購入できるようになりましたので、うまく活用して洗い落としてから、外壁の補修を行いましょう。誰もが悩むものとして塗料の選択がありますが、仙台においても塗料の種類がありますので、目的に合わせて塗料を選ぶことが望ましいです。価格を少しでも安く抑えたいのであれば、アクリル塗料やウレタン塗料を使い、耐久年数を上げたいのであればフッ素塗料や無機塗料、両方のバランスを取るならシリコン塗料などがあります。そして、近年では防水性の高い製品やカビに強い塗料、遮熱・断熱機能がある塗料など多彩に出回っているので、仙台で外壁塗装を行うのなら目的に合わせた塗料を選びましょう。普段からDIYに慣れている人なら可能かもしれませんが、外壁塗装は素人にはハードルの高い作業です。足場を組む必要があったり、作業場所が狭いなどの問題がある場合には、迷わずに専門業者に依頼しましょう。専門の業者であれば、スピーディーに美しく仕上げてくれます。

悪質な業者の手口と対策

エクステリア

外壁塗装の業者の殆どは良心的ですが、ごく一部に悪質な業者が紛れ込んでいます。自分は悪質業者に騙されないと思っていても巧妙な手口で近づいてきます。外壁塗装は、素人にはわからない部分が多いため、悪質な手口を見抜けないのが実情です。仙台で実際にあった悪質な手口とは、訪問販売、費用の大幅値引き、オリジナル塗料の使用などがあります。これらのトラブルから身を守るには、どうしたら良いのでしょうか。まずは、悪質な業者の手口を詳しくみていきましょう。外壁塗装の訪問販売とは、仙台の家にいきなり業者がやってきて、外壁塗装工事を強く勧めるという手口です。悪質な業者は、高齢者がいる家を狙ってきますので、いきなり訪問してきた業者の話は聞かないことが重要です。もしも、契約してしまった場合は、クーリングオフ制度で解約できます。ただし、この制度は8日間という期限がありますので、直ぐに対処することが重要です。悪質な業者は、足場代金無料やモニター割引といった名目で契約を勧めてきます。仙台の足場代金の費用相場は、約10〜20万円ほどですから、とてもお得なサービスに思えます。しかし、足場代金は外壁塗装工事に必要なものですから、無料にできるわけがありません。最初から、足場代金を見積もりに上乗せして、工事を勧めているだけです。モニター割引も同じような手口ですから、このような言葉に乗らないようにしましょう。オリジナル塗料を勧めてくる仙台の業者がいる場合は、悪質な業者の可能性があります。塗料の開発には、多くの費用と技術が必要になるため、一般的な業者に、オリジナル塗料は作れません。ですから、オリジナル塗料というのは存在しないことになります。このような言葉で外壁塗装工事を勧めてきたら、はっきりと断りましょう。

アフターケアで業者を選ぶ

女の人

住宅のメンテナンスで重要なのは外壁塗装です。住宅は一年中外気にさらされており、太陽光や雨や風などの影響を受けています。そのような外気から住宅を守っているのが外壁塗装なのです。最低でも10年に1度は外壁塗装をすると、住宅を長持ちさせることができます。外壁塗装は専門の業者に依頼しますが、地域によって費用が違ってきます。仙台にある住宅なら仙台の業者の中から選ぶのが一番です。仙台には特有の気象条件というのがあるので、地元の業者は気候風土に合わせた塗装を行ってくれるからです。仙台にもたくさんの業者がありますから、まずネットで検索して探します。仙台の塗装業者の比較サイトなどもあるので、それを利用すると費用などを比較しやすくなります。それらの中からいくつかの業者を選んで、見積もりしてもらうことが重要です。塗装面積によって値段も変わってきますので、実際に訪問してもらって見積金額を提示してもらいます。値段だけで業者を選ぶのではなく、作業内容に気をつけます。どのような塗料を使用するのかなどが見積書にきちんと明示されている業者なら安心できます。また塗料について不明な場合は、どのような性質の塗料なのかなどを質問します。きちんと説明してくれる業者を選びます。外壁塗装をする場合は下地の目地の破損などを補修してくれるか、アフターケアはどうなっているかなどもチェックする必要があります。それらを総合的に比較して、値段に納得できる業者を選びます。